愛車のプジョー307で、日本全国を行脚しています♪


by p307inakichi

最近の試乗記 その2

同じFTP会場で、プジョー207GT(5速マニュアル車)に試乗しました。




e0065830_013032.jpg
運転するのは、今回が初めてでした。このカラーは、ラセルタイエローという新色です。黄色というよりは、黄緑ですね(笑)。なかなか見栄えのする、きれいな配色でした。写真がちょっと尻切れトンボなのはご愛嬌(^^;)


さて、前型の206に比べて値付けが大幅に上がった207、シートは値段が上がっただけのことはあるかもしれません。たっぷりしたサイズで私のような比較的大柄な人間でも収まりの良いシートです。硬いけれども硬いなりにふんわり感を感じるところは最近のプジョーの布張りシートに共通する美点です。私の307同様、長距離走行をしても姿勢がよい限りにおいて腰に負担がかからないシートだと思いました。メーターは、メッキの?リングで囲っています。なかなか見易いんですが、地が白なのはいかなるものかとは思います。飽きがくるのが早いかも。

さて、車を動かしてみます。まず感じるのは、ハンドルの重さ。206に比べて格段に軽くなっています。307と比べると、ハンドルの重さは一緒くらい軽いのですが、ハンドルの「遊び」部分が随分と多くなりました。何となく、国産車的な印象。どうやら、その原因は従前の油圧のパワステではなく、電動パワステに変更されたからのようです。ルノーのルーテシアとか、日産のティーダほどの違和感はありませんが、プジョーに乗りなれた者からすると、結構な違和感かもしれません。敏捷さというよりは安定さを重視した操縦性のようです。足元のABCペダルは、狭いです。206はもっと狭かったようですが(^^;)。ブレーキの効きもプジョーらしく、ちょっと遊びがあってから効くタイプです。
さて、エンジンですが、BMW社との共同開発で搭載された新開発のエンジンです。207は、5ドアがNA、GTがターボ付きです。同じエンジンが新型MINIにも搭載されていて、クーパーにはNA、クーパーSにはターボエンジンを搭載していますが、207GTよりはハイチューンのエンジンです。エンジンフィールはスムーズそのもの。ターボの効きも乗っている限り全くわからないほどです。低い回転域から豊かにトルクを感じる乗り味で、欧州車メーカーのターボ技術の高さを思い知らされます。セールス氏曰く、平坦な道でそこそこのドライブをするとLあたり13㎞以上の燃費が稼げるとのこと。15㎞位いってくれれば、昨今のガソリン高に対応できるんですけどね(笑)。ミッションフィールは、307よりはマシにはなったものの、グンニャリ感は残っています。シフト操作をする際には必要以上に力を込めない方がいいと思います。

さてまとめに。206から乗り換えるとなると、随分大人びた乗り味になったと思いますが一方で値段が高くなり過ぎています。そこをどうユーザーが判断するでしょうか?307からだと、HBならほぼ値段が一緒です。でも、来年後半には後継車の308?が出そうです。
207の追加車種は、まずコンバーチブルクーペのCCとハイチューンエンジンのGTI、そして将来的には1.4L車が追加されるとの事。そうすると、207もより一層街中でも見かけるようになるのでしょうね。
[PR]
by p307inakichi | 2007-06-08 00:37 | 試乗記