愛車のプジョー307で、日本全国を行脚しています♪


by p307inakichi

307購入に踏み切った自分

もうかれこれ4年前の秋の話なので古いんですが、私が307を購入するに至った経緯を述べてみます。



それは、、、前の車(マツダのユーノス500・AT車)が東名高速走行中に途中でアクセル車線変更してアクセルを踏んだときに突然異変がやってきました。そう、加速できずどんどん速度が落ちていくではありませんか!ただこのとき幸いだったのが車線変更した際に後ろに別の車がいなかったこと。いたら確実に追突されていた筈です。これはおかしいと思い、購入した中古車ディーラーに連絡をとりおじゃますることに。そしてさらに異変。ある駐車場に入れようとしたところリバースギアに入らないことが判明。ディーラーに何とか持っていくことができたのですが、担当さん曰く「オートマ本体が死んでしまいましたよ。これを直すには別の車からオートマ本体を取り寄せるしかなく、工賃込みで25万かかりますよ」と言われました。格好良く、また人を賢く見せる車だったのでとても気に入っていたのですが、何せ5年落ちの車を4年弱所有、つまり初年度から9年経った車だったわけで、下取りも5万そこそこでした。車検があと数ヶ月に迫っていたこともあり、車を廃車にして新しい車を買うことに決めました。

当時の貯金額をはたいて買える車が欲しいということで、値段的には上下幅150万ありますが、1ヶ月の間に以下の車を試乗したり検討したりしました。

1 シビック・タイプR 2 VWゴルフGTI 3 プジョー307 4 アコード ユーロR 5 VWポロGTI 6 アルテッツァジータ 7 スカイライン2.5 8 MR-S 9 セリカ 10 アルファロメオ147 

もっとあったかもしれませんが、目ぼしいところはこの車たちです。1~5はMT、6~10はAT(147はまだMTの設定無しだった)です。
私の、当時の次期候補車の基準は(今でもあまり変わっていませんが)、運転して楽しいこと、自分が運転して様になること、長距離(片道200キロ以上)ドライブで疲れなそうなシートや乗り心地が備わっていることでした。ただ、当時私の親友に相談した際に彼が「車好きならMTに乗るべし!オマエの場合はATに乗ってもミッションをガチャガチャいじるんだから尚更だ!」と肩を押されました。そこで、6~10のAT車はすべてパスに。で、最終的に決まった5車を試乗しなおして決めたのが当時まだ出たてホヤホヤのプジョー307だったわけです。他の候補車に比べて据え切りが軽くて駐車場に停め易かったこと、ハンドルの手触りが素晴らしかったこと、あと込み込み金額が決め手になりました。 で、2001年11月に購入・納車になりました。

当時、結果的にいくつもの外車に乗り比べているわけですが、実を言うと、「まさか自分が外車乗りになろうとは思いもよらなかった」ことを覚えています。車が壊れる直前までは、次期アコード(今は現行車ですが)を考えていましたから。それに外車には、母親が89~92年まではゴルフ2、92~95年はゴルフ3を所有していて、何となくなのですが「外車って気難しいよなぁ。シートが良くて長距離向きだけど」という印象を少なからず抱いていたからです。

納車後のことはまた後日日記に書きます。
[PR]
by p307inakichi | 2005-09-07 20:03 | 307と